パク・シフの熱愛彼女は誰?過去の恋愛事情と知られざる性格とは?

1978年4月3日生まれのパク・シフさんが俳優デビューを果たしのは2005年。
すでに27歳ということもあり、遅咲きのデビューでした。

しかしその後出演したドラマや映画で着実に評価を上げ、
今では演技力はトップクラスの俳優さんの仲間入りを果たしています。

そんなパク・シフさんの父親は、韓国では男性ファッションモデルの先駆け的な存在だったとか。

そんな父親の影響を受け、幼い頃から芸能界に憧れていたパク・シフさんですが、
デビューからトップに至るまでには長い下積み期間があったようです。

スポンサーリンク

そんな下積みの経験を持つパク・シフさんの性格は? 問題となった事件にも触れつつ、
その性格に迫ります。

また、いまだに独身のパク・シフさんの現在の彼女事情についても調べてみました。

真面目で礼儀正しい性格と言われるが

パク・シフさんの性格に関しては多くの共演者が語っているように、
礼儀正しく真面目というのが正解のようです。

長い下積みを経験したということは、それだけ忍耐力があるということですし、
実家が地元の有志で資産家ということもあり、家は儒教の教えに厳しい家庭と言われています。

礼儀に厳しい儒教の教えが身に就いているとなれば、
周囲から「真面目ないい人」という評価が相次ぐのも理解できます。

スポンサーリンク

そもそも30歳近くまで下積みしていた売れない役者がスターダムを駆け上がるには、
演技力だけではなく周囲のスタッフの協力が不可欠です。

つまり周りで観ていても応援したくなる人物だということです。
しかし、そう考えると気になるのが2013年の告訴騒動です。

後輩俳優とともに、女優志望の女性に暴力を働いたとされる事件ですが、
後に告訴は取り下げられています。

人気俳優であるパク・シフさんの足を引っ張りたいという女性の狂言だったのかもしれません。
または事件を隠したかったパク・シフさん側の圧力で告訴取り下げになったのかもしれません。

事件の真実は不明ですが、パク・シフさんの性格を考えるとどちらもkランが得にくい筋書きではあります。
表では語られない性格がパク・シフさんにはあるのかもしれませんね。

独身のパク・シフさんに彼女はいるのか?

パク・シフさんは恋愛関係の質問が苦手なようです。

過去にもインタビューで彼女についてなど聞かれていますが、
基本的にはぐらかすような答えばかりです。

そんなパク・シフさんには芸能界デビュー前に一般女性の彼女がいたそうです。

交際期間は4年と長かったようですが、パク・シフさんの仕事が忙しくなるにつれ、
彼女との距離が離れてしまい、結局別れることになってしまったとか。

パク・シフさんが彼女について触れたのはこの彼女の話くらいでしょうか。
その後はドラマ『検事プリンセス』で共演したキム・ソヨンとの間にも熱愛報道がありました。

しかしこの報道はいわゆる噂程度でしかなく、決定的な証拠もなかったことから、
共演した彼女と仲がよさそうに見えた程度のものだったようです。

以降彼女の存在は確認されておらず、今でもシングルでいる可能性が高いようです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ